DX実践事例や成功のポイント・デジタルトランスフォーメーション

DX実践事例や成功のポイント・デジタルトランスフォーメーションDX推進・ホームページ作成

近年、DX(デジタルトランスフォーメーショ)の実現が多くの企業で重要な経営課題となっています。
そこで本記事では、DXを実現するうえで欠かせないソリューションやポイント、企業のDX事例などをご紹介します。
DXの推進に取り組んでいる企業は、ぜひ参考にしてください。

DXを支える主なデジタル技術

DXを支える主なデジタル技術

「DX」とは、デジタル技術の活用による経営体制の変革を意味する概念です。
DXの本質的な目的は、いわゆるデジタルシフトやIT化の領域にとどまらず、デジタル技術の活用によって、経営体制やビジネスモデルそのものに変革をもたらすことにあります。
そして、DXの実現に欠かせない技術として注目を集めているのが、以下のソリューションです。

IoT

IoT(Internet of Things)」は、日本語では「モノのインターネット」と訳される技術です。
生産機器や家電製品といったモノとIoT技術を相互接続することで、デバイスの遠隔操作やデータの自動取得、電子機器の自動制御、設備保全の省人化などが可能になります。製造分野における第四次産業革命を実現するうえで不可欠な技術とされますが、活用にあたっては相応の設備投資や、データの効率的な運用体制を整備する必要があります。

AI

「AI(Artificial Intelligence)」は、機械学習やディープラーニングなどの技術によって、自律的な情報処理を実行するコンピュータを指します。
人間を遥かに凌駕する精度で膨大なデータの高速処理が可能になるため、社会構造そのものに変革をもたらす技術として注目を集めています。
ただし、AIを事業領域で活用するためには、ITインフラや運用フローの構築といった組織体制の整備が不可欠です。

RPA

RPA(Robotic Process Automation)」は、定形業務に分類されるPC業務を自動化するソリューションです。
Excelのマクロのような自動処理を、ブラウザやアプリケーションを横断して実行し、伝票の記帳や請求書の作成、受発注の処理といったルーティンワークを自動化します。
しかし、判断や分析が必要な業務領域には対応できないため、自社の業務フローに最適化された設定を明確に定義する必要があります。

BI

「BI(Business Intelligence)」は、蓄積されているデータをビジュアライズし、経営判断や意思決定を支援する技術です。
データをグラフやフローチャートに落とし込むことで、傾向や規則性を視覚的に理解できるため、俯瞰的な視点に基づくデータ分析が可能になります。
ただし、目的に応じて適切なデータを抽出したり、分析しやすい形式に加工したりするデータ分析基盤との連携が必須です。

クラウド

DXの実現を目指すうえで必須となるのが「クラウドコンピューティング」です。
クラウドサービスは、さまざまなリソースをオンライン経由で利用できるため、オンプレミス型のように物理的なハードウェアを構築する必要がありません。

BCP対策としても機能し、リソースの拡張も容易なため、敏捷性と柔軟性に優れるITインフラを構築できます。
しかし、パブリック環境で複数のユーザーとリソースを共有するという性質上、セキュリティの脆弱性が懸念されます。

ブロックチェーン

「ブロックチェーン」とはデータベース技術のひとつで、「ブロック」と呼ばれる単位でデータを管理し、それを鎖のように連結してデータを保管する技術です。
1つのデータベースにデータを記録する、いわゆる中央集権型の管理システムと比較してセキュリティ性に優れ、データを改ざんされにくいという特徴があります。
ただし、ブロックチェーンは分散型の管理システムのため、リアルタイム性が求められる用途には向いていません。

代表的なDX事例とそのインパクト

代表的なDX事例とそのインパクト

ここからは、DX推進に取り組んでいる企業事例について見ていきましょう。
「Amazon」と「Netflix」、そして「Mercy health system」のDX事例をご紹介します。

Amazon(アマゾン)

書籍をはじめとする物販流通業態を変革し、新たなビジネスモデルを構築したAmazonは、世界で最もDXに成功した企業といわれています。
クラウド市場でも圧倒的な市場占有率を誇っており、米国の調査会社Canalysの発表によると、「AWS」のシェアは35%とトップを独走しています。
2021年度の年間売上は4,698億ドルとなっており、前期比21.7%増と今なお成長を続けている企業です。

Netflix(ネットフリックス)

1997年に小さなスタートアップ企業として創業したNetflixですが、ネット配信技術をベースにサブスクリプションサービスを構築し、今や全世界で2億人以上の有料会員を誇る動画配信サービスにまで成長しました。
レコメンド機能に機械学習アルゴリズムが搭載されており、ユーザーにパーソナライズされた優れた顧客体験を提供し続けています。

Mercy health system(マーシー・ヘルス・システム)

Mercy health systemとは、遠隔操作システムを活用した遠隔医療サービスを提供する、米国の医療管理機関です。IoT技術を搭載した医療機器を活用して、患者の容態をリアルタイムで把握したり、クラウド上でさまざまな医療データを管理したりと、デジタル技術の活用によってDXの推進に取り組んでいます。
こうした医療体制の確立により、患者の救急室利用率や入院率などの3割減少に成功しています。

デジタル技術でDXを実現するためのポイント

デジタル技術でDXを実現するためのポイント

ここからは、デジタル技術の活用を通じて、経営体制に変革をもたらすポイントについて見ていきましょう。
DXを実現するために欠かせない施策として挙げられるのが、以下の3つです。

・目標を定める
・経営層がコミットする
・既存システムを刷新する
・目標を定める

冒頭で述べたように、DXの本質的な目的はデジタル技術を活用し、組織構造そのものに変革をもたらすことです。
DXを実現するためには、IoTやAIといったソリューションの導入だけでなく、それらをどのような事業領域に活用し、何を実現したいのかを明確化しなくてはなりません。
そのために必要となるのが、企業理念や経営ビジョンに基づく全社的な目標の明確化です。

まずは、経営体制や業務プロセスにおける課題や問題を洗い出して一覧表に落とし込み、組織の経営状況を可視化する必要があります。
課題や問題を具体化することで、必要なアクションを把握できるため、何をすべきかが明確化されます。そこから得られた知見をもとに仮説を立てて検証し、具体的なDX戦略を各部門と個人レベルにまで細分化して、組織全体で共有しましょう。

経営層がコミットする

DXは組織単位で取り組む施策のため、変革の実現は経営層にかかっているといっても過言ではありません。
人間には現状維持バイアスという心理的傾向があるため、組織単位での変革に取り組むとなれば、社内から相応の抵抗があると予測されます。
したがって、DXを実現するためには経営層が明確な理念とビジョンを打ち出し、組織やチームを牽引する強いリーダーシップが求められます。

また、DXを実現するためには、最新のデジタル技術に精通するとともに、マネジメントやマーケティングの領域に長けた人材が必要です。
そのため、情報処理技術者試験やDX検定などの資格保有者を確保するのはもちろん、DX人材を育成する組織体制を整備しなくてはなりません。
そして、DX推進に携わる人材へ大胆に予算や権限を委譲し、その能力を最大限に引き出せる環境を整える必要があります。

既存システムを刷新する

経済産業省は2018年に発表した「DXレポート」のなかで、多くの企業でITシステムのレガシー化やブラックボックス化が進展しており、それがDX実現の足枷になっていると指摘しました。
老朽化したメインフレームや基幹系システムは高額な維持費用を要し、企業のIT予算を圧迫するため、攻めのIT投資を阻害する要因となります。
そのため、変化の加速する現代市場において競争優位性を確立するためには、レガシーシステムからの脱却を図らなくてはなりません。

まとめ

まとめ

DXとは、デジタル技術の活用によって経営体制に変革をもたらし、市場における競争優位性の確立を目指す取り組みです。DXを実現するためにはIoTやAI、クラウドコンピューティングといったデジタル技術の活用が欠かせません。
新たな市場価値を創出するためにも、レガシーシステムのモダナイゼーションに取り組んでみてください。

また、企業の中にはDXを誤解し「デジタルテクノロジーで新たなビジネスを創造する」という本質的な目的に向けた取り組みを十分に進めることができていない現状もあります。
そんな企業の課題を解決するために、企業のDXを研究する東京通信大学 情報マネジメント学部 情報マネジメント学科の前川徹教授の見解も踏まえ、企業が取り組むべきDXの本当の意味と成功戦略について解説します。

DX推進・ホームページ作成

DX推進・ホームページ作成

最近、「DX」という言葉をよく目にしませんか?
DXは、この言葉自体はそれほど新しいものではありませんが、新型コロナウイルス感染拡大によりヒトやモノの移動が制限されたことによって、急速に注目されるようになった概念です。
「DXとは何か」「DXが私たちを取り巻く環境、とりわけビジネス環境にどのような影響を与えているか、そして今後どのような影響を与えていくのか」、日永スチール株式会社は、日本のDX推進に取り組んでいきたいと思います。

日永スチール株式会社・ノーリツパネルとは?

日永スチール株式会社・ノーリツパネルとは?

簡単な施工方法と、20年以上の使用に耐える耐久性能を誇る鋼製型枠「ノーリツパネル」は、積み上げ可能な構造の基礎鋼製型枠です。

非常に簡単な施工ができる特許技術が利用されており、未経験の職人さんでも、一度教われば簡単に設置施工ができるため、省力化、
工期短縮に貢献します。

また、当社既定のラインアップ以外に、パネル角度をカスタムしたオーダメイドも可能です。

特長

■積み上げ可能な頑丈な鋼製型枠
■護岸工事にも対応
■繰り返し何度も使える耐久性で経費削減
■簡単な施工・工期短縮

※詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

日永スチール株式会社会社概要

会社名日永スチール株式会社
代表取締役小山裕子
設立1968年10月
本社住所神奈川県横浜市保土ヶ谷区東川島町70-2
資本金1000万円
TEL045-381-3402
FAX045-381-2351
E-mailnichiei.steel@gmail.com
主な業務コンクリート基礎鋼製型枠製造および販売                          

日永スチール株式会社の沿革

1962年屋号「小山商店」創業。鋼板プレス加工、シャーリング加工・販売を開始
1968年10月日永スチール株式会社 設立
1975年コンクリート基礎鋼製型枠「ノーリツパネル」の製造販売を開始
1980年12月「基礎コンクリート型枠の枠組方法」特許権取得、公開(特許第1254930号)出願:1976年7月
1988年3月「基礎コンクリート用ベース型枠」特許権取得、公開(特許第1781561号)出願:1986年9月
「基礎コンクリート型枠の組立方法」特許権取得、公開(特許第1781562号)出願:1986年9月
1995年7月「基礎コンクリートのベース型枠」特許権取得、公開(特開平07-173933)出願:1992年2月

お問合せ

お問合せ

Tel:045-381-3402
FAX:045-381-2351

E-mail:nichiei.steel@gmail.com

ノーリツパネル

日永スチール株式会社
〒240-0041
横浜市保土ヶ谷区東川島町70-2

コメント

タイトルとURLをコピーしました